ウェブツープリントシステム「プリサイト」
Web入稿

印刷用のデータ(PDF、EPS、PS)をご用意頂きアップロードしていただくと、サーバ上で自動的にデータチェック(プリフライト)が行われ、問題のある箇所をレポートします。校了したデータは自動で面付けされて刷版用データ(1bitTIFF)が作られます。入稿から刷版用データ生成までを無人で行うことができるので、24時間365日の入稿が可能です。

PDF・EPS・PSデータに対応

Web入稿に対応しているファイル形式はPDF・EPS・PSデータになります。いずれもフォントは埋め込まれていることが必要です。EPSデータやPSデータがアップロードされた場合は、サーバ上で自動的にPDFに変換をします。
データ容量や安定性から言ってPDF/X-1a、PDF/X-4形式のPDFでの入稿をおすすめしています。

自動的にプリフライトチェックをおこないます

アップロードされたPDFもしくはEPS・PSデータから変換されたPDFは、自動的にデータチェック(プリフライト)が実行されます。何をチェックするのかについては、お客様ごとにカスタマイズして設定することも可能です。
フォントの埋め込みがされていなかったり、解像度の足りない画像など、出力適正を欠いた箇所を画面で確認できます。
ただサーバ上でデータを修正することはできませんので、修正したデータを再アップロードし差し替えていただくことになります。

自動面付け&刷版用データ生成

校了したデータは、画面上でページ順序を指定していただき保存していただきます。するとあらかじめ決められた面付けルールにしたがって面付けされ、刷版用のデータ(1bitTIFF)が生成されます。生成されると弊社オペレータに刷版用データ生成の通知メールが届き、実際の刷版に焼き付け印刷に入ります。

ご利用のご条件

入稿から刷版用データ生成までを無人で行うため、プリフライトのルールや、面付けの設定をあらかじめ決定しておくなどの必要があります。このため原則として、定期的に御発注いただけるお客様にご利用いただくことを前提にしています。
スポットで対応をさせていただく場合も、データのテストアップロードなど事前の打ち合わせの期間が必須となりますので、その点はご了解ください。

このページの先頭にもどる