タブロイド判・多頁・大量印刷
印刷機のご案内

最新鋭の輪転機で高品質な商品をお届けします

印刷機

B縦全判商業印刷用タワー型シャフトレスオフセット輪転機
最高速度 500rpm(B2換算1000rpm)
使用巻取紙寸法 625〜880mm
紙質 ラフ紙、更紙、中質紙、上質紙、コート紙
坪量 40〜130g/m2
印刷円周長 1092mm
折り出し B4・・・4・8・16・32P、B5・・・8・16・32P

印刷機

輪転ユニットの構成

商業輪転機単機ユニットの構成図は以下のとおりです。

2ユニットを単独又は連結しての運転で、各頁建てに対応します

工場には、2ユニットを並列に配置しており、仕様に応じて、単機での運転、2ユニットを連結しての運転を選択します。

各輪転機給紙部にD巻取りを装着し、一方の折部へ重ねて入れることで、タブロイド16頁、32頁を折出しします。また、一方の給紙部に半幅(F巻)の用紙を装着し、一方の折部へ重ねて入れることで、タブロイド12頁、24頁を折出しします。

給紙・インフィード部

  • ウェブガイドに、紙をセンターに補正するCPC(センターポジションコントロール)機構を装備。折精度が安定し、出版印刷に際しても高品質な対応が可能です。
  • 単独モーター駆動のインフィードローラーにより、安定したウェブテンション(給紙テンション)を得ることができ、印刷品質の確保とトラブルを防止。
  • 紙幅プリセットや自動紙端合わせなどの機能を備えており、作業時間の短縮がはかれ、ひいては納期短縮がはかれます。

印刷部

  • 半自動版替え装置により刷版交換作業が容易で、印刷準備時間も短縮。
  • 印刷ユニットは、インキ着けローラー3本、連続給水方式の湿し水装置、冷却付インキシリンダーなどを装備。ゴースト現象の抑制、版面への紙粉が付着しにくさ、インキの絡み低減を実現。また、インキ連続供給方式の採用や、インキキーの強制駆動方式など、確実で安定したインキ供給がおこなえ、高速印刷においても安定した印刷品質が得られています。

エアーターン

インキが乾燥する前の印刷物をエアで浮かして走行。擦れ汚れ、キズを付けません。

ドライヤー

紙面を乾燥させると共に、不純物を触媒処理します。

直圧加湿装置

ドライヤーを通過した走行紙に適度な湿気を与えて静電気を防ぎ、折部での紙詰まりなどを防止。

品質検査装置

高感度カメラ(CCD)で印刷物の色差、キズ、汚れを検出し、不良品を自動で排紙。

折部

B4判サイズ、B5判サイズと多種多様な折丁をワンタッチで自動切り替え。印刷準備時間の短縮につながっています。さらに、運転中の咥折ラップ調整、横ミシン位置調整、ファンタイミング調整などが可能で、チョッパータイミング調整も速度に合わせて自動的に追従。

スタッカーバンドラー

製品を各部数単位に揃えて結束。

パレタイジングロボット

製品をパレットに積載。

このページの先頭にもどる