マークシート・アンケート集計サービス

 

アンケートまるごとサポートサイトはこちら

<< マークシート・アンケート集計サービスのページに戻る

Q&A

Q OCRとOMRの違いはなんですか?

OCRは、光学式文字読み取り装置とも言われ、手書や印字された文字を光学的に読み取り、事前に記憶されたパターンとの照合により文字を特定し、文字データとして入力する装置のことです。スキャナで読み取った画像から文字を認識して文書に変換するOCRソフトもあります。

ただし、手書きの文字の場合書き手のくせなどがあるため、認識率が低くなり数字など特定の文字種に限った場合を除いては実用水準とすることは難しいといえます。

OMRは光学式マーク読取装置と言われ、決められた読取範囲の中にマークが書かれているか書かれていないかを判別していきます。このため、OCRに比べるとOMRの方が誤って認識される率が格段に下がります。マークシートリーダーはこのOMRのことを指します。

OMR(マークシートリーダー)は読取位置が固定になっているものが多く、読み取り位置に合わせた形の制約を受けるケースが多くなっています。

Q ドロップアウトカラーとはなんですか?

マークシートリーダー等の光学読取機は、紙面に特定の波長の光をあて、その反射光の量を光学センサーよって感知し紙面に書かれているマークや文字を認識します。この際に、特定の色については紙面に書かれていてもセンサーが感知しない色が存在します。これをドロップアウトカラーと呼びます。

ドロップアウトカラーは、人の目には見えても「機械の目(光学センサー)」にはみえない(感知しない)ので、記入用の枠や塗りつぶし範囲の枠などの印刷に使われます。

Q PCS(Print Contrast Signal)とはなんですか?

枠線(インキ部分)とスペース(紙の地色部分)のコントラスト(明暗)を表す数値。印字された濃淡に対する光学的特性を測定した値から算出します。測定方法としては、一般的に、特定波長の光を測定面に対して45度の角度をもって当て、90度方向に拡散する光量を測定し、酸化マグネシウムの反射光を100%とした時の百分率で表し、以下の式にもとづいて算出します。

PCS=スペースの反射率 = 枠線の反射率/スペースの反射率

Q マークシートの用紙は専用の用紙を使わないとだめですか?

印刷用の用紙は表面が白く見えても製造工程等の影響で細かなごみなどが残り、完全には白くなっていません。こうしたごみや汚れがマークシートリーダー等に反応するとそれが誤読の原因になることがあります。

このため、マークシートリーダーのマニュアル等には、誤読が起きにくくするようにするために使用する紙の平滑度や白色度等を指定しています。

しかし、OCR専用として製造された印刷用紙は、製造工程でごみなどの混入を防ぐ処理を他の印刷用紙より厳密に行うため、コストがかかり高いものとなっています。マークシート用紙の制作コスト抑えるために用紙を一般用紙にした場合、誤読が多く出てしまい、実際には使えないものとなってしまう場合があります。

この用紙による誤読の影響はお使いのスキャナによって異なります。マークシートの作成の際には、テスト読み込みを必ず行い、スキャナとの相性や用途に適した印刷用紙をお選びいただくようお勧めいたします。

Q 自由記述欄(FA)をOCRを使ってテキストにできますか?

OCRはスキャナで読み取った文字等の形をソフトが持っているパターンと比較し、その特徴が近いものとして認識するようになっています。OCRを利用して文字等を認識し、テキストにした場合に誤りなくテキスト化されたものの割合を認識率といいます。

この認識率は、数字のみを対象とするか、かな漢字交じりの文章なのかによっても異なりますが、手書きなのか印刷物やプリントアウトなのかによっても異なります。一般に手書きの文字の認識率は低くなる傾向があるといわれています。

アンケートの自由記述欄の場合、走り書きが多く、記入者の書き方のくせが出てしまうため認識率はかなり低くなると思われます。このため、OCRで認識したものを見比べて修正するよりは、手入力を行なったあとで点検作業を行った方が効率的であり、間違い(見落とし)を低く抑えることができると考えています。

なお、自由記述欄をテキスト化するのではなく、画像として取り込むことは可能です。
どのような活用をしたいとお考えかによって、適切な流れを考えることができます。

Q アンケートの集計を依頼すると「クロス集計が必要ですか」と聞かれますが、クロス集計とはどういうものでしょうか?

アンケートの設問項目について、2 つの項目に注目して同時に集計する作業をクロス集計といます。
たとえば、ある項目への回答が選択肢5つであったとすると、そのまま5つへの回答数を集計することを単純集計といい、この5つに対して性別や年代別など別な要素も含めて集計することをクロス集計といいます。

A.単純集計の例

B.クロス集計の例

 

もっと詳しく知りたい方は、こちらのページをご覧ください。

アンケートまるごとサポート「お困りごと解決Q&A」
http://www.survey-support.jp/faq

弊社に寄せられた質問につきましては、弊社アンケートサービス専用サイト「アンケートまるごとサポート」に掲載しておりますので、どうぞこちらもご覧ください。

<< マークシート・アンケート集計サービスのページに戻る

このページの先頭にもどる